立体駐車場メーカーが展開する様々なシステム

日本は国土が狭いため、駐車場が少なく、街中の交通量の多い部分では駐車に時間と費用が掛かると言われています。


デパートや商業施設、公共交通機関、官公庁、病院など人が多く集まる施設はどこも駐車場が不足している状況です限られた場所で複数の駐車を可能とするためには立体駐車場が良いと考えられます。
日本の狭い国土を上手く利用するために様々な工夫がされていますが、立体駐車場も同様です。

立体駐車場のメーカーの情報を提供中です。

エレベーター式パーキングと言って、高層階を持ち、昇降機で車を駐車するシステムやゴンドラによる循環式のシステム、垂直循環式システムとオートメーション化された形式に、自走式立体駐車場があります。自走式駐車場は有人精算と自動精算機による無人精算システムを持つものがあります。



これらはすべて立体駐車場メーカーによって開発され、市場のニーズに応えて適材適所の駐車場システムを全国各所で見られます。メーカーは車の形状や大きさ、システムに対応するため常にリサーチをし、新型システムの開発に余念がありません。



また、駐車サービスを展開する企業とも連携して市場からのニーズに対応します。


現在、国内の立体駐車場メーカーでは、2台〜数千台規模の駐車場までオートメーションから自走式まで様々なシステムの駐車場開発に力を注ぎます。日本の駐車事情を考えて、多様化する利用者ニーズにタイムリーに対応し、人と社会を駐車場システムを通じて結ぶのが駐車場メーカーの役割です。

多くの駐車を効率よくすることが経済の循環にもつながるのです。